ダナンの歴史

ダナン(Da Nang)の隣にあるホイアンは17世紀に発展した街で、古くから商いが行われていました。しかし、日本や中国の商売人が大洋横断船舶で貿易をするようになると、ホイアン港に代わりダナン港が選ばれるようになります。ダナンは港が深く、最先端の設備を擁する貿易船にとって安全性が高かったからです。18世紀以降、ダナンは貿易港として栄えてきました。


いまや観光都市となったダナンは、ベトナムを攻撃したフランスやアメリカが最初に選んだ場所です。これは歴史上の偶然ではありません。単純にベトナムの中部に位置するということ以上に、ベトナム国にとってダナンという都市の戦略的な重要性が高いことの証左だと言えるでしょう。