商業都市・ダナン

ダナンはベトナムの真ん中にあり、道路、鉄道、海運、空運における南北交通網の中間に位置しています。ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西経済回廊」の東の起点であり、ダナン国際空港や貿易港として発展してきたダナン港もあります。

ダナンからの陸路は、近年24B国道が拡大し、将来は西側に向かってベン・ヤーン、ダク・タ・オクを抜け肥沃なボロウェン高原とつながる予定です。ダナンは広大に広がる中部高原の玄関と言える場所なのです。

ダナン国際空港はベトナム3大空港の1つで、市中心部まで車で10分と便利な位置にあります。2011年末に新ターミナルビルが日本の協力の元で完成し、たくさんの観光客を出迎えています。

ダナン港はホーチミン港、ハイフォン港に次いでベトナムでは3番目に大きな港です。ティエンサ港、ハン川港、リエンチィュウ港の総称です。ティエンサ港は水深が約11メートルで、豪華客船の飛鳥も入港することができます。

ダナンの主要産業は水産加工、縫製、建材製造、観光などです。近年は、ダナンハイテクパークやダナンITパークの開発が進められています。